プラチナカードはどうやったら取得できる?

プラチナカードを取得するには二種類の方法があり、一つは既存のゴールドカードユーザーに対する招待と言う形の「インビテーション制」、もう一つは「直接申込みができるタイプ」です。招待の場合も、直接申し込む場合も、もちろん審査があります。当サイトではプラチナカード取得方法などの情報を、各ブランド別に記載しておりますので、プラチナカード選びや申込みの参考にしてください。

主なプラチナカード

プラチナカードとは、ゴールドカードの上をいくグレードのカード。当然のことながらゴールド以上のサービスを受けることができます。もちろん年会費も高くなります。

現在発行されているプラチナカードには、主に以下のようなものがあります。

・アメリカンエキスプレスプラチナカード(年会費100,000円(税抜))
・ダイナースクラブ プレミアムカード(年会費100,000円(税抜))
・JCBザ・クラス(年会費年会費50,000円(税抜))
・三井住友VISAプラチナカード(年会費50,000円(税抜))
・セゾン・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード(年会費10,000円(税抜))・SBIプラチナカード(年会費年会費30,000円(税抜))
・シティ プラチナカード(年会費50,000円(税抜))
・MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード(年会費20,000円(税抜))
・エポスプラチナカード(年会費20,000円(税込))
・楽天プラチナカード(年会費30,000円(税抜))
・JCBプラチナ法人カード(年会費30,000円(税抜))
・レクサスVISAプラチナカード(年会費20,000円(税抜))
・スルガ SURUGA VISAプラチナクレジットカード(年会費60,000円(税抜))
・みずほセゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード(年会費20,000円(税抜))
・セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード(年会費20,000円(税抜))
・ザ・プラチナ・出光・セゾン・アメリカン・エキスプレスカード(年会費20,000円(税抜))
・マイレージ・プラスセゾン・プラチナカード(年会費36,000円(税抜))

直接申込みの出来るプラチナカード

セゾンと提携しているアメリカンエキスプレスカードであれば、オンライン申込みの場合最短即日でカード発行ができます。プラチナカードの機能として、専用のプラチナデスクなど実力は遜色ないレベルです。


【カードを使いこなす人がプラチナを持つ理由】

空港ラウンジ無料、国内・海外損害保険が最大1億円、高級ホテル優待、
予約の取れない人気店・ホテルを優先的に予約できるなど、プラチナカード保有者ならではの特典があります。
年会費や優待ステータス感などを考えると、正直ゴールドカードを持つより断然使い勝手が良いです。
複数枚のカードを持っているならこのプラチナカード1枚に絞って使う事をオススメします。

≫ セゾン・プラチナ・アメリカンエキスプレスの詳細はこちら


プラチナカード取得ガイド:コンテンツ