プラチナカードはどうやったら取得できる?

プラチナカードを取得するには二種類の方法があり、一つは既存のゴールドカードユーザーに対する招待と言う形の「インビテーション制」、もう一つは「直接申込みができるタイプ」です。招待の場合も、直接申し込む場合も、もちろん審査があります。当サイトではプラチナカード取得方法などの情報を、各ブランド別に記載しておりますので、プラチナカード選びや申込みの参考にしてください。


直接申込みの出来るプラチナカード


【カードを使いこなす人がプラチナを持つ理由】

空港ラウンジ無料、国内・海外損害保険が最大1億円、高級ホテル優待、
予約の取れない人気店・ホテルを優先的に予約できるなど、プラチナカード保有者ならではの特典があります。
年会費や優待ステータス感などを考えると、正直ゴールドカードを持つより断然使い勝手が良いです。
複数枚のカードを持っているならこのプラチナカード1枚に絞って使う事をオススメします。

≫ セゾン・プラチナ・アメリカンエキスプレスの詳細はこちら


ダイナースクラブカード
年会費:22,000円(税抜)

ダイナースクラブカード

ステータスと機能性を兼ね備えたプラチナ級のカード。
・国内・海外旅行傷害保険最高1億円
一律の利用限度上限なし
・国内、海外3000以上のホテルやレストランでの優待
・国内外の空港ラウンジの利用無料
・24時間日本の対応のトラベルサポート

≫ ダイナースクラブカード


インビテーション制のプラチナカード

インビテーションでプラチナカードの招待をもらうには、プロパーカードのゴールドカードで利用実績が必要となります。
「プロパーカード」とは、提携カードでないカードの事です。例えば「JCBカード」であれば「JCBカード」がプロパーカードとなり、同じJCBから出ている提携JCBカード(ANAカードなど)では、プラチナカード招待の対象にはなりません。
また、招待対象となる利用実績も明確でない場合がほとんどで、ゴールドカード取得後1年以上でいくら年間に決済したか? などは公表されていません。
あくまで一つの目安としては、ゴールドカード取得後1年以上&35歳以上などの基準で審査を受け付けてくれるようです。

JCBプラチナカード:JCB THE CLASS
年会費:50,000円(税抜)
JCB THE CLASS

年に1度の、特別なプレゼント
・24時間365日対応のコンシェルジュデスク
・国内外の空港ラウンジが無料利用できるプライオリティパス

≫ JCB THE CLASSの詳細



アメリカン・エキスプレス・プラチナカード
年会費:100,000円(税抜)
アメリカン・エキスプレス・プラチナカード

ステータス、サービス性をとっても他のプラチナカードより優れている。
・毎年の誕生日プレゼント
・カードデスクで航空券購入で1名無料 or 無料アップグレード
・国内外の空港ラウンジが無料で利用できるプライオリティパス

≫ アメリカン・エキスプレス・プラチナカードの詳細



プラチナカード取得ガイド:コンテンツ